Last Modified at 2005/06/22 01:49:08 JST

Gusatid/0.12

0. お知らせ

1. Gusatid って何?

Gusatid はPerlで書かれたdirpサーバです。いわゆるDITAになることを目標に作られました。Guserverと同じ作者が作りました。

2. Gusatid に接続すると何が嬉しいの?

Gusatid は dirp/0.3 に(不完全ながらも)準拠しており、これに準拠したクライアントで接続することで、 Web上のドキュメント情報(DI:Documet Information)(現時点では主としてWeb日記)の更新時刻やタイトル、 作者などを始めとした各種情報を取得することができます。 dirp/0.3 では各種検索条件をサポートしており、これにマッチする情報だけを引き出すことができます。 これにより、自分だけのリンク集ページを作ることができるかも知れません。

3. Gusatid に接続するにはどうすればいいの?

Gusatid は dirp/0.3 に(不完全ながらも)準拠しており、これに準拠したクライアントを使って接続すれば(基本的には)大丈夫であることが期待されています。 例えば、このようなクライアントがあります。 ただし、これらのクライアントで接続しても、取得できるのはドキュメント情報の塊(DI フォーマット)でしかないので、 何らかの形でこの塊をHTMLに変換してやる必要があります。

4. どうすれば DI を HTML に変換できるの?

DI をHTMLに変換するツールには、例えばこのようなものがあります(先にこちらを参照のこと)。 ただし、これらを使いこなすには、現時点では多少のperlなどの知識が要求されます。

5. dirp クライアントを使う際の注意点は?

User-Agentに自分の名前等、私がアクセス元を特定できる情報を埋め込んで下さい。 正体不明のアクセス元が多いようなら、アクセス制限を設けざるを得なくなります。 御協力下さい。

6. どのくらいのデータが Gusatid から入手できるの?

こちらを見て下さい。

具体的な一覧は、ここを見て下さい。 もし、DI 形式のファイルを直接みたい場合は、ここにあります。 また、これらのデータはMICANを改造して作られた「ORANGE(仮称)」が収集しています。 もし「これだけでは足らん」などの要望があれば、追加するかも知れません。 ただし、独自で情報を取得するつもりはありませんので、自分の情報が知りたいドキュメントをどこかのDICAに登録して貰えるように、各種DICAの管理者にでも相談して下さい。

6. 今後のDIXSの展望は?

わかりません(汗;)。あなたにできることは、ここの議論の成行きを見守るか、積極的に参加するかのいずれかです。

7. DITAとかDICAとかDIXSとかって何ですか?

ここを読みましょう。

8. 最近の Gusatid について教えて下さい

現在動いている Gusatid は Ver.0.12 です。 更新履歴については、こちらを見て下さい。

9. Gusatid にアクセスできなかったり、応答が変です

多分、デバッグ中なんだと思います。あるいは、バグのせいで Gusatid が異常終了しているのに、作者が気づいていないだけかも知れません。作者が対応するまでは諦めましょう(汗;)。

10. 応答する Gusatid のバージョンが公式アナウンスのものより新しいんですが……

新バージョンのテスト中なのでしょう。公式アナウンスがあるまでは気づかない フフリ 振りをしてあげましょう。

11. Gusatid の今後は?

Gusatid は Perl で書かれていますが、Guserver の 1/5 〜 1/10 くらいの時間でほぼ同じ機能がインプリメントされました。ただ、現時点では応答速度の点で Guserver より劣っているため、これを改善する方法を画策中です。うまくいったら、Gusatid が Guserver に取って変わるかも知れません。当面の課題は、

あたりを考えているようです。

12. お世話になっている人は?

とても全員は書き切れませんが(順不同)、

随時追加します。また、「さん」づけで呼びにくい方は敬称略です(汗;)。

13. Gusatid と Guserver の違いは?

現時点での違いは以下のとおりです。今後のバージョンアップや技術的なブレイクスルー(って何?)で○×が変わるかも知れません。

93. Gusatid は何と読むのでしょうか?

DITA を逆に書くと atid で Gusa + atid → Gusatid ということで名前が決まったらしいです。(で、読み方は?)


Copyright (C) 2005 Hideaki `ArctanX' TANABE